It Takes A Thief
 プロスパイ(スパイのライセンス)

1968年〜1970年 アメリカTV
監督/
出演/ アレックス・マンディ(アメリカ政府の諜報機関SIAのスパイ)ロバート・ワグナー

ストーリー)

アレックス・マンディはスタイルと才能を持った泥棒でしたが、たった一度ミスをおかし逮捕されました。
サンジョバル刑務所で服役しているマンディに、アメリカ政府の諜報機関SIAのノア・ベイン部長から
申し出がありました。彼が政府のために泥棒の才能を使うなら、仮釈放され、自宅軟禁ではあるが
普通に暮らせるというものでした。
政府の仕事と云っても身分を変え、変装し、敵地に入り、お目当てのブツを頂戴してくるだけ。
泥棒と違うのは自分の懐に入らないことでした。彼は申し出を受け入れ、ベイン部長の指示で危険な
スパイ活動に従事します。


▲Mercedes 300SE   (Matchbox)

 ■:劇中車として販売されたミニカー
 ★:劇中車と同タイプのミニカー
 ▲:劇中車と類似タイプのミニカー




▲TOP