TOP > プロレス格闘技最強論 > 暁の決闘 グレイシー一族Vs武士道日本

400戦無敗の男を名乗る ヒクソン・グレイシー
彼に戦いを挑む日本の格闘家達

修斗・プロレス・柔道・レスリング・空手・相撲 そして総合格闘技が、
グレイシー柔術に挑戦した

これは、グレイシー一族に戦いを挑んだ日本の格闘家達の戦いの歴史である。


 

グレイシー一族







グレイシー一族Vs武士道日本の勝敗

  日本人との対戦成績
試合 引分
エリオ 1 0 1 0
ヒクソン 7 7 0 0
ホイラー 10 4 5 1
ホイス 7 4 1 2
ダニエル 5 3 2 0
ヘンゾー 8 5 3 0
ハイアン 7 5 2 0
ホーレス 2 1 1 0
ハウフ 2 1 1 0
ハレック 2 2 0 0
クロン 4 4 0 0

グレイシーハンター 桜庭の勝敗
7戦5勝2敗

※タッグマッチ、エキシビジョンはカウント対象外

武士道日本

ジャンル 格闘家
柔道 木村政彦
吉田秀彦
中村和裕
空手道 西良典
市原海樹
修斗道
シューティング
中井祐樹
朝日昇
上田将勝
須藤元気
五味隆典
山本"KID"徳郁
青木真也
三島☆ド根性ノ助
プロレス道 安生洋二
木村浩一郎
高田延彦
船木誠勝
桜庭和志
中邑真輔
美濃輪育久
杉浦貴
小原道由
石沢常光
アレクサンダー大塚
佐野なおき
小路晃
柴田勝頼
リングス道 山本宜久
坂田亘
田村潔司
パンクラス道 菊田早苗
レスリング道 山本アーセン
宮田和幸
浜中和宏
シュートボクシング道 村浜武洋
ボクシング道 吉田幸治
相撲道
総合格闘技道 川口雄介
川尻達也
所英男
大山峻護

修斗
第1次UWFの崩壊後、佐山聡が1984年アマチュアからの選手育成も考慮した修斗を創設
(修斗は世界で総合格闘技の団体が初めて誕生)


シュートボクシング
UWFの影響を受け1985年元日本キックボクシング・ウェルター級王者シーザー武志が 
「立技系総合格闘技」としてシュートボクシングを創設

 



戦いの歴史

1951年

10/23 マラカナンの決闘
ブラジル マラカナンスタジアム
×エリオ・グレイシー アームロック ○木村政彦
(柔道)

 

1994年

3/11 UFC 2 〇ホイス・グレイシー 5分8秒
片羽絞め
市原海樹
(空手)
7/29 VALE TUDO JAPAN OPEN 1994 ○ヒクソン・グレイシー 1R2分58秒
チョークスリーパー
×西良典
(空手)
12/7 ヒクソングレイシー
柔術道場
○ヒクソン・グレイシー 6分45秒
KO
×安生洋二
(プロレス)

1995年1月16日

道場破りに失敗して帰国した安生は、リング上で謝罪
道場破りのお詫びと再戦の交渉に臨む。


 

1995年

4/20 Vale Tudo Fighting Championship U
 Japan Open 1995
○ヒクソン・グレイシー 3R3分49秒
TKO
×山本宜久
(リングス)
○ヒクソン・グレイシー 1R2分07秒
ギブアップ
×木村浩一郎
(プロレス)
○ヒクソン・グレイシー 1R6分22秒
スリーパーホールド
中井祐樹
(修斗)

1996年

7/7 VALE TUDO JAPAN '96 〇ホイラー・グレイシー 1R5分7秒
スリーパーホールド
×朝日昇
(修斗)

 

1997年

10/11 PRIDE.1 ○ヒクソン・グレイシー 1R4分47秒
 ギブアップ
×高田延彦
(プロレス) 
△ヘンゾー・グレイシー 引分け △小路晃
(プロレス)

1998年

3/15 PRIDE.2 ○ホイラー・グレイシー 33分14秒
 ギブアップ
×佐野なおき
(プロレス) 
〇ヘンゾー・グレイシー 6R43秒
フロントチョーク
×菊田早苗
(パンクラス)
10/11 PRIDE.4 ○ヒクソン・グレイシー 1R9分30秒
腕ひしぎ
逆十字固め
×高田延彦
(プロレス)

1999年

11/21 PRIDE.8 ×ホイラー・グレイシー 2R13分16秒
TKO
○桜庭和志
(プロレス)
○ヘンゾ・グレイシー 判定(5−0) ×アレクサンダー大塚
(プロレス) 
12/20 RISE 7th KING of KINGS ○ヘンゾ・グレイシー 1R1分25秒
腕ひしぎ十字固め
×坂田亘
(リングス) 



 
 

2000年

1/30 PRIDE GRANDPRIX  2000 ○ホイス・グレイシー 判定 高田延彦
(プロレス)
2/26 リングス KING of KINGS GRAND-FINAL ×ヘンゾ・グレイシ− 判定0-3 〇田村潔司
(リングス)
5/1 PRIDE GRANDPRIX  2000 ×ホイス・グレイシー 6R終了
TKO
○桜庭和志
(プロレス)
5/26 コロシウム2000 ○ヒクソン・グレイシー 1R11分46秒
TKO
×船木誠勝
(プロレス)
8/27 PRIDE.10 ×ヘンゾ・グレイシ− 2R9分43秒
レフェリー
ストップ
○桜庭和志
(プロレス)
○ハイアン・グレイシー 1R2分16秒
TKO
×石沢常光
(プロレス)
12/30 PRIDE.12 ×ヘンゾ・グレイシー 判定
0−3
○桜庭和志
(プロレス)
12/31 Millennium Fighting Arts
INOKI BOM−BA−YE
スペシャル・エキシビジョンマッチ
(3分1R)
△ヘンゾ・グレイシー 時間切れ
引き分け
△アントニオ猪木
(プロレス)


2001年

1/8 DEEP2001 △ホイラー・グレイシー 2R
ドロー
△村浜武洋
(プロレス)
(シュートボクシング)
7/29 PRIDE.15 ×ハイアン・グレイシー 1R4分51秒 
KO
○石澤常光
(プロレス)
11/13 PRIDE.17 ○ヘンゾ・グレイシー 3R判定 ×小原道由
(プロレス)

 

2002年

6/23 PRIDE.21 ○ダニエル・グレイシー 3R判定 ×杉浦貴
(プロレス)
×ヘンゾ・グレイシー 判定0-3 大山峻護
(総合格闘技)
9/29 PRIDE.22 ○ハイアン・グレイシー 1R1分37秒
腕ひしぎ十字固め
大山峻護
(総合格闘技)
12/31 INOKI BOM-BA-YE 2002
〜猪木軍vsK-1vsPRIDE 
全面対抗戦
○ダニエル・グレイシー 2R2分14秒
腕ひしぎ
逆十字固め
×中邑真輔
(プロレス)


2003年

3/16 PRIDE.25 ○ニーノ・“エルビス”・シェンブリ 1R6分7秒
KO
×桜庭和志
(プロレス) 
10/5 PRIDE 武士道 ×ダニエル・グレイシー 判定3-0 〇中村和裕
(柔道)
○ハイアン・グレイシー 1R7分37秒
TKO
×浜中和宏
(レスリング)
〇ハウフ・グレイシー 判定
3-0
×三島☆ド根性ノ助
(総合格闘技)
12/31 PRIDE SPECIAL  2003  男祭り ○ダニエル・グレイシー 1R7分12秒
腕ひしぎ
十字固め
×坂田亘
(プロレス) 
△ホイス・グレイシー 10分2R終了
時間切れ
△吉田秀彦
(柔道)


2004年

5/22 ROMANEX 格闘技世界一決定戦 ×ホイラー・グレイシー 1R3分40秒
KO
 〇須藤元気
(修斗)
5/23 PRIDE武士道  其の参 ○ハイアン・グレイシー 判定
2−1
×美濃輪育久
(プロレス)
×ハウフ・グレイシー 1R6秒
KO
〇五味隆典
(修斗)
11/20 Rumble on the Rock 6 〇ホイラー・グレイシー 2R2分46秒
三角絞め
宮田和幸
(レスリング)
12/31 PRIDE 男祭り 2004 −SADAME− ○ハイアン・グレイシー 1R8分33秒
腕ひしぎ
逆十字固め
×安生洋二
(プロレス)
12/31 K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!! 〇ホイス・グレイシー 1R2分13秒
リストロック
○曙
(相撲)

2005年

7/6 HERO'S 2005 ミドル級
世界最強王者決定トーナメント
〇ホイラー・グレイシー 判定2-0 吉田幸治
(ボクシング)
9/7 HERO'S 2005 ミドル級
世界最強王者決定トーナメント
×ホイラー・グレイシー  2R38秒
KO
〇山本"KID"徳郁
(修斗)
12/31 K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! △ホイス・グレイシー  10分3R終了
時間切れ
△所英男
(総合格闘技)

2006年

12/31 K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! ×ホイラー・グレイシー 判定0-3 〇所英男
(総合格闘技)

2007年

6/2 K-1 Dynamite!! USA 〇ホイス・グレイシー 判定3-0 ×桜庭和志
(プロレス) 
7/16 HERO'S 2007 ミドル級
世界王者決定トーナメン
〇ハレック・グレイシー 1R3分5秒
腕ひしぎ十字固め
×柴田勝頼
(プロレス) 



2010年

5/29 DREAM.14 〇ハレック・グレイシー 判定3-0 ×桜庭和志
(プロレス) 

2011年

9/14 Amazon Forest Combat 1 ×ホイラー・グレイシー 判定1-2 〇上田将勝
(修斗)

2012年

12/31 INOKI BOM-BA-YE 2012 ○ホーレス・グレイシー 1R2分
肩固め
×川口雄介
(総合格闘技)

2013年

6/9 Metamoris グラップリング 〇クロン・グレイシー ギロチンチョーク ×青木真也
(修斗)

 

2014年

1/4 新日本プロレス 異種格闘技戦 ホーレス・グレイシー
×ダニエル・グレイシー
9分50秒
反則
○永田裕二
桜庭和志
(プロレス)
2/11 新日本プロレス 異種格闘技戦 〇ホーレス・グレイシー
ダニエル・グレイシ
9分28秒
道着による
チョーク攻撃
永田裕二
×桜庭和志
(プロレス)
4/6 新日本プロレス 異種格闘技戦 ホーレス・グレイシー
○ダニエル・グレイシー
6分56秒
ヒザ十字固め
矢野通
×飯塚高史
(プロレス)
5/4 新日本プロレス 異種格闘技戦 ○ホーレス・グレイシー
ダニエル・グレイシー
8分30秒
ギブアップ
中邑伸輔
×桜庭和志
(プロレス)
5/25 新日本プロレス 異種格闘技戦 ×ホーレス・グレイシー 5分33秒
サクラバロック
○桜庭和志
(プロレス)
新日本プロレス
IWGPインターコンチネンタル
×ダニエル・グレイシー 10分24秒
ボマイェ
○中邑伸輔
(プロレス)


2015年

12/31 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 〇クロン・グレイシー 1R4分58秒
 三角絞め
×山本アーセン
(レスリング)


2016年

9/25 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 〇クロン・グレイシー 1R9分44秒
リアネイキドチョーク
所英男
(総合格闘技)
12/31 〇クロン・グレイシー 2R2分4秒
リアネイキドチョーク
川尻達也
(総合格闘技)

クロン・グレイシーの戦いはまたまだ続きそうです。
日本の格闘家の誰が倒すのか?

戦いは続く....

 

  
400戦無敗のヒクソンは、本当に強かったのか?
この疑問は、彼の戦いの中に、ヒョードル、ノゲイラ、ミルコ、シウバ、前田、藤田、桜庭ら
強豪の名がなかった事があげられるのでは?!
 

TOP

 

Home