TOP > プロレス格闘技最強論 > コロッセウムの秒殺

力量か? タイミングか? それともカクシデントか?
ゴングが鳴る 戦う男は確実な狙いを定め仕事を終わらせる !

これは、約60秒以内で試合が終わった、戦いの歴史である。

1993年 3月場所 大相撲13日目
○旭道山 0.8秒 久島海
2014年 WCMMA 総合格闘技
○マイク・ギャレット 1.13秒 サム・ヘロン

2000年5月1日 東京ドーム PRIDE GP2000
マーク・コールマン 2秒 藤田和之

※1回戦のマーク・ケアー戦で負傷した藤田が
 棄権は嫌だということで、本人も納得の上
一発タックルを決めてタオルというシナリオ
2006年5月3日 HERO'S 2006 ミドル級世界最強王者決定トーナメント
○山本"KID"徳郁 4秒 宮田和幸
2000年12月10日 IWGP王座争奪トーナメント出場選手権
○佐々木健介 6秒 小原道由
2005年7月21日 プロボクシング スーパーウェルター級選手権
○斎藤大喜 8秒 星野泰幸
2006年2月4日 K-1 WORLD MAX 日本代表決定トーナメントのスーパーファイト
○レミギウス・モリカビュチス 8秒 我龍真吾

2018年2月12日 バビロン大会
○鈴木秀樹

鈴木が単に組み合って、
そのまま力で3カウントフォール
11秒 ウルトラマンロビン
2002年6月23日 さいたまスーパーアリーナ PRIDE21
○ボブ・サップ 11秒 田村潔司
2003年12月31日 名古屋ドーム K-1 Dynamait2003
○ザ・プレデター 13秒 マウリシオ・ダ・シルバ
2001年12月13日 さいたまスーパーアリーナ INOKI BOM-BA-YE 2001
○ミルコ・クロコップ 21秒 永田裕二
2004年3月14日 新潟 K-1 BEAST2004
○アレクセー・イグナショフ 22秒 スティープ・ウイリアムス
2006年4月2日 有明コロシアム PRIDE 武士道
○近藤有己 25秒 フィル・バローニ
2001年10月4日 東京ドーム IWGPJr.選手権
○ケンドーカシン 26秒 成瀬昌由
2001年12月23日 ディファ有明 DEEP2001
○長浜武洋 40秒 ビクトル・ラバナレス
2004年2月1日 大阪城ホール PRIDE27
○マーク・ケアー 40秒 山本宜久
2004年10月31日 さいたまスーパーアリーナ PRIDE28
○ミルコ・クロコップ 46秒 ジョシュ・バーネット
1994年3月13日 後楽園ホール
○長与千種 49秒 キューティー鈴木
2001年8月18日 横浜文化体育館 DEEP2001
○ドスカラスJr 50秒 謙吾
2000年1月30日 東京ドーム PRIDE GP2000
○ゲーリー・グットリッド 51秒 大刀光
2003年12月31日 神戸ウイングスタジアム INOKI BOM-BA-YE 2001
○レネ・ローゼ 52秒 安田忠雄
1995年12月7日 名古屋レインボーホール K-1 ヘラクレス
○田村潔司 55秒 パトリック・スミス
2014年12月23日 有明コロシアム REAL1
○クロングレイシー 65秒 キム・ヒョンス

  

 

  

 

TOP

 

Home