TOP > プロレス格闘技最強論 > 卍対Kの戦い

決して交わることなど無いと思われた両格闘技が、

時に総合ルールで、 時にK-1ルールで、 時にプロレスルールで、
壮絶な戦いを繰り広げた

これは、引くに引けない名誉をかけた 戦いの歴史である。



猪木軍VsK-1世界最強軍


勝敗

ルール 卍猪木軍 K-1世界最強軍
プロレスルール 2勝 5勝
IGFプロレスルール 3勝 4勝
K-1ルール
(立ち技)
0勝 4勝
総合ルール 11勝 10勝
異種格闘技ルール 2勝 2勝
相撲ルール 5勝 3勝


戦士

卍猪木軍 K-1世界最強軍

アントニオ猪木
藤田和之
安田忠夫
ゲーリー・グッドリッジ
高田延彦
石沢常光
佐竹雅昭
ドン・フライ
永田裕志
中西学
高山善広
中邑真輔
真壁伸也
吉江豊
棚橋弘至
柴田勝頼
成瀬昌由
天田ヒロミ
村上和成
小川直也
成瀬昌由
LYOTO
ジョシュ・バーネット
ブルーウルフ
佐々木健介
スコット・ノートン
鈴川真一

角田信明
レネ・ローゼ
ヤン・“ザ・ジャイアント”ノルキヤ
ミルコ・クロコップ
エべンゼール・F・ブラガ
サム・グレコ
マイク・ベルナルド
子安慎悟
シリル・アビディ
ジェロム・レ・バンナ
ボブ・サップ
TOA
モンターニャ・シウバ
天田ヒロミ
アレクセイ・イグナショフ
マイケル・マクドナルド
ステファン"ブリッツ"レコ
中迫剛
フランシスコ・フィリォ
中尾芳広
武蔵
ショーン・オヘアー
ピーター・アーツ
レイ・セフォー


 
    
運命のゴング


1998年
引退を控えた猪木が、新日マットで正道会館の角田と公開スパーノリングを実施
 

1998322日  新日本プロレス
公開スパーリング

アントニオ猪木
(新日本プロレス)
4分30秒
勝敗なし
角田信明
(正道会館)




K-1のリングで全面戦争開戦

2001年8月19日   K-1 Japan GP 2001 決勝トーナメント
総合ルール

× 藤田和之
(猪木事務所)
1R0分39秒
ドクターストップ
ミルコ・クロコップ
(クロコップ・スクワットジム)
ゲーリー・グッドリッジ
(トリニダード・トバゴ)
1R1分11秒
腕ひしぎ逆十字固め
ヤン・“ザ・ジャイアント”ノルキヤ
(スティーブズ・ジム)
×
× 安田忠夫
(新日本プロレス)
 
3R0分9秒
TKO
レネ・ローゼ
チーム・ビーター
 



  

藤田がタックルで突っ込むも、3度目に左ヒザをクリーンヒット
これで藤田の左眉横がぱっくりと割れ大出血、藤田無念のドクターストップ!



 

世紀の大決戦 7対7 全面対抗戦




当初は、高田Vsグレコ グッドリッジVsセフォーを含む8対8の対決を予定していたが、
セフォーの怪我により、元K-1の佐竹雅昭は、石井館長の遺恨もあり猪木軍として参戦
一部カードの変更が余儀なくされた

また猪木軍大将格の藤田はアキレス腱断裂による欠場
小川の出場拒否もあり、バンナの相手は安田が大抜擢

猪木軍には、さらにノゲイラ、マリオ・スペーヒーらが手を挙げたが、
石井館長は「ノゲイラとスペーヒーは猪木軍とはいえない」と反対

さらにTBSからも猪木軍の大将は日本人を! の希望からも、安田が抜擢された要因だった

またバンナは、フランスにシャムロックと柳澤を呼び寄せ猛特訓を重ねた。

 

2001年12月31日  INOKI BOM-BA-YE 2001
総合ルール

安田忠夫
(新日本プロレス)
2回2分10秒
ギロチンチョーク式

裸絞め
ジェロム・レ・バンナ
(フランス)
×
× 永田裕志
(新日本プロレス)
1回21秒
TKO
ミルコ・クロコップ
(クロコップ・スクワットジム)
ドン・フライ
(米国)
2回34秒
裸絞め
シリル・アビディ
(フランス)
×
石沢常光
(新日本プロレス)
時間切れ
引き分け
子安慎悟
(正道会館)
ゲーリー・グッドリッジ
(トリニダードトバコ)
時間切れ
引き分け
エべンゼール・F・ブラガ△
(ブラジル)
佐竹雅昭
(怪獣王国)
時間切れ
引き分け
サム・グレコ
(オーストラリア)
高田延彦
(高田道場)
時間切れ
引き分け
マイク・ベルナルド
(南アフリカ)

 

 対抗戦の結果は猪木軍の2勝1敗4分

 石井館長 試合後の会見


今日は安田くんが良く頑張ったよね これで3勝3敗のイーブンか 
これからもリングで言ったように、勝つまでやるというか、イイ形で続けていけるといいなとは思いますが、
年末というのはGPもあって選手が総合の練習を十分にやれないんで、
その辺は(猪木)会長と十分相談してやっていきたいですね


対抗戦の継続を示唆する発言



PRIDE、K-1に続き、プロレスもサップに完敗!

2002年10月14日  新日本プロレス 30周年記念 THE SPIRAL
プロレスルール

× 中西学
(新日本プロレス)
リングアウト ボブ・サップ
(チーム・ビースト)


猪木軍vsK-1vsPRIDE全面対抗戦




藤田ミルコにリベンジ成らず
高山もサップを止められず

このイベントは3軍団対抗戦のため、猪木軍とK-1軍の戦いの他に、
吉田秀彦Vs佐竹雅昭
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンvsシリル・アビディ
ゲーリー・グッドリッジVsマイク・ベルナルド
滑川康仁vsヴァリッジ・イズマイウ
中邑真輔Vsダニエル・グレイシー
などが実現

まさに総合格闘技ブームのど真ん中

 

2002年12月31日  INOKI BOM-BA-YE 2002
総合ルール

× 高山善広
(フリー)
1回2分16秒
腕ひしぎ逆十字固め
ボブ・サップ
(チーム・ビースト)
× 藤田和之
(猪木事務所)
判定
0−3
ミルコ・クロコップ
(クロコップ・スクワッド)
× 安田忠夫
(新日本プロレス)
2回57秒
TKO
ヤン”ザ・ジャイアント”ノルキヤ
(スティーブズ・ジム)


 

2003年5月2日  新日本プロレス ULTIMATE CRUSH 
総合ルール

中邑真輔
(新日本プロレス)
2回3分12秒
ギロチン・チョーク
ヤン”ザ・ジャイアント”ノルキヤ
(スティーブズ・ジム)
×

 

2003年6月26日  K-1 BEAST II 2003
K−1ルール

× 中西学
(新日本プロレス)
1分38秒
KO
TOA
(ザ・トア シェッド オポティキ)
 


2003年10月13日  新日本プロレス YOKOHAMA DEAD OUT
K−1ルール

× 柴田勝頼
(新日本プロレス)
2回2分8秒
 KO
天田ヒロミ
(TENKA510)

プロレスルール

棚橋弘至
(新日本プロレス)
飛龍裸絞め 
8分33秒
TOA
(ザ・トア シェッド オポティキ)
×
× 吉江豊
(新日本プロレス)
体固め 
4分6秒
モンターニャ・シウバ
(シッチ マスター ロニー)
 

2003年10月13日   新日本プロレス ULTIMATE CRUSH
プロレスルール

× 真壁伸也
(新日本プロレス)
5分40秒 
片エビ固め
TOA
(ザ・トア シェッド オポティキ)

    

 

2003年12月31日  K−1 PREMIUM 2003 Dynamite!!
総合ルール

中邑真輔
(新日本プロレス)
無効試合 アレクセイ・イグナショフ
(チヌックジム)
成瀬昌由
(新日本プロレス)
1R4分40秒
チョーク式裸絞め
ヤン"ザ・ジャイアント"ノルキヤ
(スティーブズジム)
×
 
中邑Vsイグナショフ が「無効試合」に !

中邑のダウン、即レフェリーストップ勝ちの裁定に、大会終了後、中邑と新日本プロレスが抗議
内容はレフェリーのブレイクのタイミングが早過ぎたことと、
イグナショフのサッカーボールキックの反則

谷川社長は「やや早いという意見と的確だったという意見があった
中邑選手が新日本のベルトを巻いて出てきてくれたことを考えると、最後までやらせてあげたかったですね

新日本側に謝罪。裁定を無効試合に変更
春を目処に再戦を実現させることで新日本側と合意

 

2003年12月31日  イノキボンバイエ2003 〜 馬鹿になれ 夢を持て 〜
公式立技ルール

× 天田ヒロミ
(TENKA510)
2回46秒 
KO
マイケル・マクドナルド
(フリー)
 

2003年12月31日  イノキボンバイエ2003 〜 馬鹿になれ 夢を持て 〜
総合ルール

× 安田忠夫
(新日本プロレス)
1回52秒 
TKO
レネ・ローゼ
(チーム・ビーター)

公式立技ルール

× 村上和成
(新日本プロレス)
 
1回1分8秒 
KO
ステファン"ブリッツ"レコ
(ゴールデン・グローリー)
 
 

2004年3月14日  K-1 BEAST 2004 〜新潟初上陸〜
総合ルール

LYOTO
(猪木事務所)
1回2分30秒 
ギロチンチョーク
マイケル・マクドナルド
(フリー)
×


サップ健介を破り、IWGPヘビー級を獲得

2004年3月28日  新日本プロレス KING of SPORTS IWGPヘビー級選手権試合
プロレスルール

× 佐々木健介
(フリー)
8分24秒
体固め
ボブ・サップ
(チーム・ビースト)
 


黄金筋肉で猪木軍VsK-1軍が相撲対決

決勝でサップが中尾を、グッドリッジが健介を破り、決勝でサップがグッドリッジを破り優勝

2004年3月29日 「黄金筋肉」〜バトルSUMOワールドGPトーナメント2004
相撲ルール

二回戦
× 中西学 
(新日本プロレス)
押し出し 中尾芳広
(フリー)
× 成瀬昌由
(新日本プロレス)
押し出し ボブ・サップ
(チーム・ビースト)
佐々木健介
(フリー)
 つき落とし アレクセイ・イグナショフ
(チヌックジム)
×
一回戦
中西学 
(新日本プロレス)
寄り切り マイク・ベルナルド
(南アフリカ)
×
成瀬昌由
(新日本プロレス)
送り出し ヤン”ザ・ジャイアント”ノルキヤ
(スティーブズ・ジム)
×
× 永田裕志
(新日本プロレス)
つき落とし アレクセイ・イグナショフ
(チヌックジム)
佐々木健介
(フリー)
 つき落とし フランシスコ・フィリォ
(極真会館)
×
ブルーウルフ
(新日本プロレス)
叩き込み 中迫剛
(正道会館)
×

PRIDEヘビー級グランプリ開幕

小川がレコを撃破
 

2004年4月25日 PRIDEヘビー級GP開幕戦
総合ルール

小川直也
(UFO)
1回1分34秒 
肩固め
ステファン"ブリッツ"レコ
(ゴールデン・グローリー)
×





柴田、寝技20秒の過酷な制限に、対K-1リベンジならず
 

2004年5月3日 新日本プロレス NEXESS
異種格闘技ルール

× 柴田勝頼 
(新日本プロレス)
2回2分 
KO
武蔵
(正道会館)
吉江 豊
(新日本プロレス)
3分31秒 
キャメルクラッチ
ザ・コンビクト・ノルキヤ
(スティーブズ・ジム)
×

 

 

2004年5月3日 新日本プロレス NEXESS IWGPヘビー級選手権試合
プロレスルール

× 中邑真輔
(新日本プロレス)
12分31秒 
体固め
ボブ・サップ
(チーム・ビースト)
棚橋弘至
(新日本プロレス)
7分39秒 
飛龍裸絞め
ショーン・オヘアー ×

 

K-1 ROMANEX 開幕




 

2004年5月22日 K-1 MMA Championship ROMANEX 格闘技世界一決定戦
総合ルール

藤田和之
(猪木事務所)
1回2分10秒
タップアウト
ボブ・サップ
(チーム・ビースト)
×
中邑真輔
(新日本プロレス)
2回1分51秒
ギロチンチョーク

アレクセイ・イグナショフ
(チヌックジム)

×
LYOTO
(猪木事務所)
判定
1−2 
サム・グレコ
(豪州)
×
ジョシュ・バーネット
(新日本プロレス)
1回2分15秒
KO
レネ・ローゼ
(チーム・ビーター)
×

  猪木軍圧勝
藤田がサップからタップ
中邑イグナショフにリベンジ

中邑「今日の試合のテーマは笑顔でした。
今日はいい風が吹いていたんで勝つことができたんで勝つことができました。
プロレスラーは強いんです


 

  



次期PRIDEヘビー級王座挑戦権試合

ミルコ総合でも強し ジョシュもミルコの壁崩れず
 

2004年10月22日 PRIDE28 次期PRIDEヘビー級王座挑戦権試合
総合ルール

× ジョシュ・バーネット
新日本プロレス)
1回46秒 
ギブアップ
ミルコ・クロコップ
クロコップ・スクワットジム




2005年10月23日 PRIDE30 
総合ルール

× ジョシュ・バーネット 3R
判定0−3
ミルコ・クロコップ
クロコップ・スクワットジム

戦場をIGFに移して、まだまだ戦いは続く !

2011年8月23日 IGF INOKI GENOME Super Stars Festival 2011 IGFチャンピオンシップ
IGFプロレスルール

× 藤田和之
KO ジェロム・レバンナ
 


2011年12月2日 INOKI BOM-BA-YE 2011  IGFチャンピオンシップ
IGFプロレスルール

× ジョシュ・バーネット KO ジェロム・レバンナ  

2012年7月14日 IGF GENOME 21  IGFチャンピオンシップ
IGFプロレスルール

藤田和之
 
4分00秒
体固め
ジェロム・レバンナ ×

鈴川、相撲スタイルで戦うも、ミルコと力の差ありすぎで 敢え無くKO
 

2012年12月31日 INOKI BOM-BA-YE 2012
総合格闘技ルール

× 鈴川真一 1R1分18秒
逆十字固め
ミルコ・クロコップ


 

2012年12月31日 INOKI BOM-BA-YE 2012
IGFプロレスルール

〇鈴木秀樹
澤田敦司
15分20秒
ダブルアーム
スープレックス
レイ・セフォー
天田ヒロミ
×


2013年12月31日 INOKI BOM-BA-YE 2013
IGFプロレスルール
× 小川直也
×鈴川真一
8分42秒
体固め
ジェロム・レバンナ
レイ・セフォー○



 
2014年4月5日 INOKI GENOMU ファィト1
IGFプロレスルール
〇小川直也
藤田和之
STO ピーターアーツ
レイ・セフォー×
×

2014年7月13日 GENOME30
IGFプロレスルール
〇小川直也
ミノワマン
7分54秒
オレごと刈れ
ジェロム・レバンナ
天田ヒロミ×
×


2014年8月30日 IGF 平壌
IGFプロレスルール
× 鈴川 真一 3分22秒
KO
ジェロム・レバンナ


   
2014年8月31  IGF平壌
 IGFプロレスルール
藤田和之 5分2秒
DDT
ジェロム・レバンナ ×

        
 2016年2月26日 GENOMU35
異種格闘技ルール
× 鈴川真一 14分52秒
反則
天田ヒロミ

 

2018年10月22日 INOKI ISM.2  アントニオ猪木「生前葬」
異種格闘技ルール

スコット・ノートン
 5分21秒
TKO
ピーター・アーツ
×

 




  

高田Vsミルコ、桜庭Vsミルコは、高田・桜庭が
猪木軍としての立場で試合に出ておりませんので、除いております。
逆に佐竹・天田は猪木軍として戦った試合が掲載されています。
 

TOP

 

Home