TOP > プロレス格闘技最強論 > 世界最強伝説

男達は、
世界最強の称号を得るために、時に生死をかけた限界ぎりぎりの戦いに挑む

団体を背負って戦う者
自己格闘技に絶対的なプライドを持って戦う者
そして果てなき野望を持って戦う者
そんな男達の戦いは、まさに究極の戦いであり、最強の伝説として今も語り受け継がれていく

これは、
そんな最強の男達を決める戦いの歴史である

はっきりさせろ ! 
誰が一番強いんだ !

 

柔道Vsグレイシーの戦いの原点はここにあり!
1951年10月23日 ブラジル リオ・デ・ジャネイロ マラカナンスタジアム
マラカナンの決闘 ○木村政彦 アームロック ×エリオ・グレイシー

果て無き夢を実現した猪木! UもKもPRIDEも全てはここから始まった。
1976年2月6日 1976年6月26日 日本武道館
格闘技世界一決定戦
新日本プロレス
○アントニオ猪木 20分56秒
TKO
×ウイリエム・ルスカ
△アントニオ猪木 15R
引分け
モハメッド・アリ

今もなお、幻として受け継がれるド迫力プロレス!
1981年9月23日 東京・田園コロシアム
新日本プロレス スタン・ハンセン 両者リングアウト 8分26秒

試合続行

反則勝ち
4分22秒

 

アンドレ・ザ・ジャイアント

最も危険な戦い! それがプロレスVS極真空手だ。
1980年2月27日 日本武道館
格闘技世界ヘビー級選手権
新日本プロレス
△アントニオ猪木 4R1分24秒
引分け
△ウイリー・ウイリアムス

戦いのレクイエム 猪木の目にバーニングスピリットを見た
1985年4月18日 両国国技館
新日本プロレス △アントニオ猪木 引分 △ブルーザ・ブロディ

前田のキックの嵐に、ドラゴン大流血
1986年6月12日 大阪城ホール
第4回IWGP決勝リーグ戦
新日本プロレス
△藤波辰巳 両者KO △前田日明

衝撃のグレイシー キックもパンチも無しの圧巻勝利
1993年12月12日 米国マクニコルス・スポーツ・アリーナ
UFC1 ○ホイス・グレイシー  1R 1分44秒
チョーク
スリーパー
ジェラルド・ゴールド

究極のキックボクシングVsムエタイの戦い! これぞまさに"K-1"の原点だ。
1993年12月19日 両国国技館
K-2グランプリ
1回戦
○チャンプア・ゲッソンリット  判定
3-0
×ロブ・カーマン
K-2グランプリ
決勝
○アーネスト・ホースト 4R40秒
TKO
×チャンプア・ゲッソンリット

初の日本人同士の世界戦に、名古屋が酔った!
1994年12月4日 名古屋レインボーホール 
WBC世界バンタム級
統一王座決定戦
○薬師寺保栄
WBCチャンピオン
判定15R ×辰吉丈一郎
WBC暫定チャンピオン

世紀の一戦は タイソンWBAリマッチでホリフィールド の耳を噛み失格
1997年6月28日 米国 
WBA世界ヘビー級選手権 ○イベンダー・ホリフィールド
3R
失格
×マイク・タイソン

格闘王VS人類最強の男に、前田の格闘王魂を見た!
1999年2月21日 横浜アリーナ 
RINGS
前田明引退試合
×前田日明 判定 ○アレキサンダー・カレリン

"死ぬかと"思った..." 船木もヒクソンの壁破れず!
2000年5月26日 東京ドーム
DEEP
コロシアム2000
×船木誠勝 1R11分46秒
TKO
○ヒクソン・グレイシー

勝敗度外視の遺恨試合に、ドラゴンストップ
2001年1月4日 東京ドーム
IWGP王座争奪トーナメント
新日本プロレス
△長州力 藤波ストップ △橋本真也

サイボーク 対 野獣の戦いに衝撃結末 プロレスならもっと...
2001年8月9日 さいたスーパーアリーナ
K-1
JAPAN GP2001
決勝トーナメント
×藤田和之 1R39秒
ドクター
ストップ
○ミルコ・クロコップ

究極のどつきあいは、修羅場の渡世人が勝利!
 2002年6月23日 さいたまスーパーアリーナ
PRIDE.21 ×高山善廣 1R6分10秒
TKO
○ドン・フライ

グレイシーハンター桜庭がミルコと真っ向勝負に、震え上がった大観衆!
2002年8月28日
Dynamite!
史上最大の格闘技
ワールド・カップ
 SUMMER NIGHT FEVER
 in 国立 
×桜庭和志 2R終了
ドクター
ストップ
○ミルコ・クロコップ

PRIDEデビュー3戦目にして、王者ノゲイラを怪力で圧倒! サップ伝説が始った瞬間だった
2002年8月28日
Dynamite!
史上最大の格闘技
ワールド・カップ
 SUMMER NIGHT FEVER
 in 国立 
×ボブ・サップ 2R
4分02秒
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

Mr.パーフェクトから、パーフェクトTKO サップ怪力爆発!
2002年10月5日
K-1 WORLD GP 2002
開幕戦
○ボブ・サップ 1R
TKO
×アーネスト・ホースト

これは、事実上の世界最強決定戦だ!
2003年3月16日 横浜アリーナ  PRIDEヘビー級選手権
PRIDE.25 ×アントニオ・ホドリゴ・
ノゲイラ
3R 判定
0-3
○エメリヤーエンコ・ヒョードル

ミルコに土をつけ、ノゲイラ復活! 
2003年11月9日 東京ドーム PRIDEヘビー級暫定王者決定戦
PRIDE GP 2003
決勝
○アントニオ・ホドリコ・
ノゲイラ
2R1分45秒
腕ひしぎ
逆十字固め
×ミルコ・クロコップ

日米野獣対決は、藤田がサップからタップ! 
2004年5月22日 さいたまスーパーアリーナ
K-1 MMA Championship 
ROMANEX
○藤田和之 1R2分10秒
KO
×ボブ・サップ

PRIDEの聖地で、ミドル級最強の戦いを見た! 
2004年10月31日 さいたまスーパーアリーナ PRIDEミドル級選手権
PRIDE.28 ○ヴァンダレイ・シウバ 2R3分26秒
KO
×クイントン・ランペイジ・
ジャクソン

ムエタイ最強の飛び蹴りで、体重53キロ差を完全ノックアウト
2004年12月4日
K-1 WORLD GP 2004 決勝トーナメント
K-1 GP 2004 ○ガオグライ・ゲイノラシン 1R6分14秒
KO
×マイティー・モー

K-1王者と神子の壮絶な戦いは、中量級の最強伝説だ! 
2004年12月31日 大阪ドーム 
K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!! ○魔裟斗 3R判定
2-0
×山本“KID”徳郁

藤田プロレスが、2004アテネ金メダリストレスリング王者を粉砕!
2004年12月31日 大阪ドーム 
K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!! ○藤田和之 1R1分7秒
KO
×カラム・イブラヒム

多くの格闘家から恐れられたハシトーノフをアリスターがボコボコ葬
2006年2月26日 さいたまスーパーアリーナ 
PRIDE.31 Dreamers ○アリスター・オーフレーム 1R5分13秒
TKO
×ハリトーノフセルゲイ

総合のアリスターが、k-1王者をK-1ルールで粉砕
2008年12月31日
K-1
Dynamite!!
〜勇気のチカラ2008〜
○アリスター・オーフレーム
KO ×バタハリ

川尻何もできず、恐るべし青木マジック
2010年7月10日 大阪ドーム 

DREAM.15
ドリームライト級選手権
○青木真也 1R1分53秒
アキレス腱固め
×川尻達也

ヒョードル ドクターストップに、新たな最強伝説が始った
2011年2月12日
Strikeforce
ワールドグランプリ
ヘビー級トーナメント
1回戦
×エメリヤーエンコ・
ヒョードル
2R
TKO
○アントニオ・シウバ

WWEのスーパースターも、アリスターの強さに完敗
2011年12月30日
UFC141 ×ブロック・レスナー TKO ○アリスター・フレーム

ヒョードルに続き、オーフレームも完敗! 恐るべしシウバの強さ
2013年2月2日
UFC156 ○アントニオ・シウバ 3R25秒
KO
×アリスター・フレーム

ボクシング 世界最強決定戦 ビッグマッチのあっけない結果に賛否両論!
2015年5月2日
WBA世界
WBC世界
WBO世界
ウェルター級
王座統一戦
Battle for Greatness
〇フロイドメイウェザー
3R12回
判定
3-0
×マニー・パッキャオ
 



  

  

TOP

 

Home