TOP > リングの目撃者 > 真実の口

リングにはドラマがある
時に我々は感動し、喜び、そして怒り、悲しむ

我慢の限界から発せられた一言、感動を言葉にした一言、ぽろっと飛び出た一言、....
 
いずれも闘う者の真実の口である。

 2013/10/14 新日本プロレス 「中邑真輔Vs丸藤直道」

みのる「オマエ・・・・・・

もっとたぎりてぇだろ?

 オイ、両国!

オマエらももっとたぎりてぇだろ?

オマエのこと、もっとたぎらしてやるよ!

このベルト懸けて俺と闘え

たぎるぜ〜、オイ

もっと もっと もっと!

たぎらしてやるよ

オマエ、俺に負けたら鈴木軍入れ

たぎるだろ〜

オイ!オイ 中邑

 それから新日本

 これはな、俺からの要求なんかじゃねぇ

 オマエをたぎらす条件だよ

答えは決まってんだろ!?

どうする ど〜うする? オマエら!

 鈴木みのる対中邑真輔 

見たいよな!?

じゃあ、ゆっくりと考えてくれ

真輔
「ゴメン・・・聞いてなかったわ

ウッソ〜〜!!

どうしよっかな〜〜!?」

爆笑!!

「俺、決めちゃっていいわけ!? いいよね!?
いいよね!? たぎるよね、オイ」

「オイ、鈴木みのるさん。
もちろん・・・イヤァオ!!」

真輔が丸藤に勝手、みのるがリングへ

 

 

 2004/10/9 新日本プロレス 「PRO-WRESTLER'S BE STRONGEST」

長州「新日本のど真ん中に立ったぞ!」


「永田、よく(リングに)上がって
きたな、お前だけ。
さすが、天下を取り損ねただけある。
中の人間が信頼されず、
外に出た人間がど真ん中に立った

こと(の意味)を考えろ。

罪を背負うのはどっちだ。

次に立つ時は、オレのパワーホール全開で
立つ!」

リングを降りた長州は最後に一言
「天下を取り逃しただけあるな。
もうひとつ見せてやる」
と捨てセリフ 

さらに一歩遅れた天山やライガーに
「おい、お前たち! 
反応が遅すぎるんだよ」

長州が突如、リングイン。マイクを手に取り新日本への逆上陸を宣言。

 

 2004/5/22 K-1 MMA Championship ROMANEX
格闘技世界一決定戦  埼玉スーパーアリーナ


中邑
「ありがとうございました。
今日の試合のテーマは笑顔。
今日はいい風が吹いていたから
勝つことができました。
応援、ありがとうございました。
プロレスラーは強いんです」

ジョシュ
「キョウハ ホント ゴメンナサイ
 バックドロップ ナイ。
デモ ネクスト シアイ パワーボム デス。
ガンバリマス。
プロレス ハ ムテキダ! 
アリガトウゴザイマシタ。」

 

試合を勝利で終えて

 

 2003/12/31 PRIDE 男祭り2003 埼玉スーパーアリーナ
高田総督の誕生!?


高田  「このPRIDEの熱を感じたいヤツらが来ている。チキン&ポーク、出て来いや!」

高田 「オイ小川、橋本。どうだ、PRIDEの熱を感じたか、びびったか。
お前らにハッスル1でこれだけのことができるか!」


橋本 「PRIDEファンの皆さん。オレと小川は古いプロレスを破壊し、
新しいプロレスを作るために来た。

 破壊なくして、創造なし! 

 PRIDEは素晴らしい。だけど、プロレスはもっと素晴らしい。
それを1.4で証明したいと思います。」


小川 「格闘技ファンの皆さん、目をさましてください! 
1.4でプロレスは生まれ変わります。

 高田、ゴチャゴチャ言ってないで、
お前が馬鹿にしたプロレスのリングに上がって来いや! 」



高田  「小川、1つ言っておく。1.4はプロレスがメジャーに返り咲く最後のチャンスだ。
肝に命じておけ。それでこけたら、お前ら終わりだぞ。」



ゴールドバーグ 「オガワ、Who’s Next!」


小川 「お前を倒す! ユー アー ネクスト!」

 

橋本・小川が登場!! そして

 

 2003/12/31 イノキボンバイエ2003  神戸ウイングスタジアム


「絶好調ですかー! 
オレはキング・オブ・パンクラス。
PRIDE選手、K−1選手、
全部かかって来い。
オレが新日本、オレがプロレスだ」

 

ジョシュ・バーネットがセーム・シュルトを破り、リング上で勝利者として

 

 2003/12/14 ZERO-ONE 「Infinity」 両国国技館

「これで終わりか、
潰しあいをやるんじゃねえのか」
遺恨の橋本軍Vs長州軍、橋本の攻撃に長州死なず、そして最後に

 

 2003/11/19  ZERO-ONE道場


長州 「何がやりたいんだ、コラー!! 紙面を飾って、コラー!! 何がやりたいのかはっきり答えろコラー!! 噛み付きたいのか、噛み付きたくないのか
どっちなんだ、コラー!!」

橋本 「何がコラーじゃ、コラー!! バカヤロウ!!」

長州 「何、コラー!! たこ、コラー!! 
紙面を使うなって言うんだ、コラー!!」

橋本 「お前が言ったんだろうが、バカヤロウ!! 」

長州 「言ったのはテメーの方だろ、コラー!!」

橋本 「やってやるぞ。お前、死にてぇーんだろ、コノヤロー!!」

長州 「お前、今言ったな?」

橋本 「おう、言ったぞ」

長州 「今言った言葉飲み込むなよ」

橋本 「それはお前もじゃ!! なめてんのか、コラー!!」

長州 「お前、今言った事を飲み込むなよ。分かったな。ほんとだぞ。
噛み付くならしっかりと噛み付いてこいよ、コラー!! 
中途半端に言った言わねえじゃねぇぞ、お前。分かったな。
分かったな、コラ!! 」

橋本 「お前に分かったなと言われる筋合いはねえんだ、コラ!!」

長州 「噛み付くんだな、コラー!!」 

橋本 「おっさん、なめんなよ、コラー!!」

 

橋本の会見中に長州乱入して

 

2003/05/02  ZERO-ONE 後楽園ホール  

「橋本、聞けオラ。お前がだれに勝とうが、
だれをつぶそうが、オレをつぶすまで、
全日本はつぶれないぞ!」
川田がZERO−OWNにて橋本・小川Vs武藤・小島戦終了ゴングと同時に乱入して

 

 2002/08/10   新日本プロレス 「G1 CLIMAX 2002 FINAL HURRICANE


永田

「藤田ー!
俺は俺たちの闘いに自信と誇りを
持ってるんだバカ野郎!
てめえにガタガタ言われる筋合いは
ねえんだ!

IWGPを罵倒する奴は、
俺が徹底的に闘う!
蝶野!お前は闘わないのか?
天山!中西!
こいつらと闘わないのかお前らは!」

 

 

蝶野
「おい、藤田、安田、高山!、
このリングはな、年間130から150試合
毎日闘い抜いた人間が集まる戦場だ。
お前らみたいにな、
月に1回とか2回とか
そんなのは闘いじゃねーんだ!
お前らやる気があるならこのリングに
上がって来い!」

 

蝶野Vs高山の試合後に藤田、安田らがリングに乱入して、永田・蝶野らが応戦

 

 2001/06/08  全日本プロレス 「スーパーパワーイン武道館」


「馬場さんとかスタン・ハンセンとかジャンボ鶴田とか手天龍とか歴代のチャンピオン の名前を思い浮かべて、歴代のチャンピオンに恥じないよう、このベルトをより輝か せます。」


「さすが天龍。俺の100%以上の力を出させてくれる。俺も天龍みたいな 壁、
天龍みたいなレスラーになっていきたいね。勉強になりました。
全日本のリング で、三冠取って、最高だね。」

「ただ、もうぼちぼちLOVEっていう言葉も卒業して、馳も いるし、みんな集まって
ミーティングしてもっと野心を持って行動したいね、もう少 し。
これからも、プロレス界全体を考えて行動します。」

 

武藤が天竜を破り、三冠ヘビー級王者になり、試合後控え室で

 

 

 2001/04/14  全日本プロレス 「チャンピオンカーニバルワンナイト・スペシャル」

「小結とか挑発したけど、訂正する。
あいつもプロレスを愛していた、。
何度でもやりたいと感じる。今から、始まりだ」
武藤が川田とのシングルマッチで勝利し、試合後控え室で

 

 2001/04/09  新日本プロレス 「STRONG STYLE 2001」 大阪ドーム

「おい!こら!お前がいつもやってる事やってやるから上がって来い!こいこら!」
「お〜いお前の好きな会長(猪木)連れて
上がって来い!橋本もみんな。
お前らの好きな会長連れて上がって来い!」
ライガーが村上に突っかかり試合開始。しかし、村上がライガーのマスクに手をかけ、
レフェリーに暴行を加えたことであっけなく反則で試合終了。この結末に小川が暴走し
放送席の藤波社長に抗議すると、突然、「パワーホール」が鳴り響き長州が登場して
小川に突っかかる乱闘へそしてリング上にて

 

 2001/03/02  ZERO-ONE 「真世紀創造」 両国国技館


「オイ、橋本!だらしねえ試合してんじゃねえよ」
「三沢!受けてもらおうじゃねえか。いつ試合やるんだよ、オレとよー」


その瞬間、三沢のエルボーが小川の顔面をえぐった。
Tシャツを脱ぎ捨てた小川が突っかかる。
リングサイドの藤田も秋山と衝突だ。
それに永田も加わって混乱の輪が広がる。
打ち鳴らされるゴングは終わることがない。

歴史に刻まれる空前絶後の4陣営入り乱れての大乱闘となった。



橋本「三沢ナメンなこの野郎!」
藤田「誰が一番強いか決めるしかない」
三沢「おまえらの思い通りにはいかない」
橋本「思い通りにしてやるから覚えとけっ」

 

“破壊王”橋本真也率いるZERO―ONE旗揚げ戦、
夢の対決は、橋本の暴走から、三沢の背後からのバックドロップでまさかの3カウント。
そこへ小川が登場して

 

 2000/12/14 新日本プロレス 「新日本vs全日本タッグ最強戦」


永田 「今日は納得いかねえよ。変なオールジャパンの術中にはまった。
オールジャパンがなんとなく見えたような気がしたよ。
奴らのずるさにやられた。それだけ。」

飯塚 「今日の引き分けは、負けたようなモノだよ。納得いかねえよ。」

川田 「延長してたら、こっちの方が有利。俺は、60分とか何回も経験してるから」

 

試合を終え、それぞれが控え室で

 

  2000/08/11 新日本プロレス 両国国技館


「30年の間、全日本と新日本の間には厚い壁がありました。
今日その壁をぶち破りにきました。
今日、宣言通りにやってきました。プライドでは新日本に負けてません。
そこで、現場責任者の長州選手に考えを聞きたい。長州選手お願いします。 」

蝶野乱入「淵、てめえの入る所じゃねえ。とっとと帰れ」

「蝶野、忘れ物だ」

「新日本ファンのみなさん、お騒がせしました」

 

淵が新日本にリングに登場して

 

 2000/05/22 新日本プロレス 海老名大会の試合前の練習中 


「 どうしたんだ?怖くなって気でも狂ったか?心配するな。横浜には行ってやるから  」

大仁田  「 そんなこと心配しとらんですよ! 」

「またぐなよ!」

「またぐなよ!」


「 詩郎まだがせるなよ 」

 

練習中だった長州に大仁田が歩み寄り

 

 1999/01/04 新日本プロレス 東京ドーム



「これがおまえのやりかたか!!」
異常事態を察した長州が控え室から飛び込み小川に詰め寄った

 

 1999/01/04 新日本プロレス 東京ドーム


「もう終わりかよ!おいおいおいおい冗談じゃねーよ!」

「新日本プロレスのファンの皆様、
目を覚ましてくださーい!」

 

小川が橋本を馬乗りパンチで、ボコボコにした直後に

 

 1997/03/21 新日本プロレス 大阪ATC


「越中 木村 小原 小林 後藤 斉藤 お前らのプロレスは弱すぎる。」


「今度ゆっくりこのリングにのぼってな、
本当のプロレスを教えてやるよ!」

 

昭和維新軍VS平成維震軍変則イリミネーションの試合後にマサ斉藤がリングで

 

 1995/08/24 新日本プロレス事務所


「すぐにドームを押さえろ!高田がやるって言った。
もうルールなんかで出来ないなんて言わせない!」



「もう逃がさないからな。ドームでUを
消してやる!」

 

長州は、高田と電話でUインターとの全面対抗戦を電撃決定した直後に

 

 1993/6/1 全日本女子プロレスにて 


「おい、バリバリねえちゃん!」
「おメエ、よく1人できたなあ〜」
「アイサツが遅れたけど、あたくしが、
北斗晶だ!」



「せっかくだから、
おメエに忠告しといてやるよ。

不良だか、暴走族だかしんねえけど、
おメエ、何年前の事やってんだよ!

お前んトコの言葉借りれば、
おメエみてえのを 『ダセエ』 って
ゆうんだよ!」

 

全女対LLPW対抗戦 後楽園ホール
全日本女子プロレス・マットに殴り込みをかけてきました紅夜叉

リングに登場するや「バリバリだぜぃ!」と全開アピール
しかしノーザンライト一発で勝負 役者も力量も北斗の相手ではなかった。

後にも先にも、こんな的確なドンピシャリのアピールはなかった。
さすが北斗晶だ!

 

 1993/04/06 新日本プロレス 両国国技館 マグニチュードX
 猪木がリングに登場し、この後開催される福岡ドームに向けて
意気込みを話し終わると
「もう一つお伝えすることが」と前振り

猪木
「かつて、私の弟子が育ち、
そして外に旅立っていきました。
そして一回りも二回りも大きくなって、
再び帰って来ます。
修行とは出直しの連続なり。
おーい出てこい!」



藤原
「猪木さんに命、預けます。
5月3日福岡ドーム出させていただきます」

猪木がリング上に登場し、藤原が続けてリングへ。そして

 

 1990/02 全日本プロレスにて 


「交流戦?ふざけんじゃねえよ!
これは戦争だよ。
【全日本プロレスには夢がない】って言って
出てった奴(長州)と
【全日本プロレスを出てきやがってこの野郎って】思ってる奴(天竜)が闘うんだよ。


ドームでは、俺の人生見せつけてやる!
長州にパートナーは小林
邦昭で大丈夫かって言っとけ!」

 

2.6新日本マットに、メイン・イベントにに"NWA世界ヘビー級チャンピオン" リック・フレアー対グレート・ムタの対決を予定していたが、フレアーがけがを理由に来日をキャンセル。
そこで、坂口社長が馬場社長に全日本の選手の出場を依頼。
馬場さんは「ファンを裏切ってはいけない。」と大英断。ジャンボ鶴田、谷津嘉章、
天龍源一郎、川田利明、スタン・ハンセンの派遣が決定となり、全日対新日の夢の
交流戦が行われることになった。

新日側から不沈艦対皇帝戦士、五輪コンビ対木戸・木村組、そして天龍、川田対長州、小林邦明のカードが発表。しかし、天龍源一郎が怒っり一言。

この発言で、お祭りムードが一変、全面戦争の様相。馬場社長は、天龍のパートナーに当時敵対関係にあったにもかかわらず、タイガーマスク(三沢光晴)を川田に変え指名。
長州もパートナーにジョージ高野を指名した。

 

1987年  新日本プロレス 


「藤波!
俺は自分たちの時代を作るために
3年間叫んできたんだぞ!」

「前田、お前は噛みつかないのか?
今しかないぞ俺達がやるのは!」

 

猪木Vs将再当選後にリングに上がった長州は、世代交代をアピール

 

 1982/10/8  新日本プロレス 後楽園ホール


「藤波!俺はお前の噛ませ犬じゃない!
なんで俺がお前の下なんだ。
なんで俺がお前の前を歩かなきゃ
いけないんだ!」

「俺とお前とどこが違う。お前はチャンスを与えられただけだ。
勝負しろ、勝負してやる、お前をぶっ倒してやる!」

 

長州力が革命戦士と言われる原点とも言える名言!!
長州はこの日の試合で藤波よりも先にコールされた事に対してリングアナウンサーに
クレーム。試合前から藤波との間に不穏な空気が流れ、試合終了後に爆発した。

 

 

 

  

今想えば、いずれも真実でその時の場面が蘇えってきます。
やはり戦いには多くのドラマがあります。

TOP

 

Home