TOP > 闘魂Vs王道 > コロッセウムの十番勝負


次期エースに未来を託す十番勝負は、まさに試練の連続であり、簡単に勝利できるものではない
これは、次期エース達の未来をかけた戦いの歴史である。

ジャンボ鶴田 試練の十番勝負 全日本プロレス
  1976年〜1979年 4勝2敗4引分け

1 1976年3月10日 日大講堂 バーン・ガニア ○ガニア(裸絞め19分12秒)
○鶴田(原爆固め 9分54秒)
(両者カウントアウト 13分51秒)
2 1976年3月28日 蔵前国技館 ラッシャー木村 ○ 木村(片エビ固め 13分27秒)
○ 鶴田(体固め 6分34秒)
△(両者カウントアウト 4分53秒)
3  1976年6月11日  蔵前国技館 テリー・ファンク
 (NWA世界ヘビー級選手権)
○ 鶴田(回転エビ固め 15分50秒)
○ テリー(回転股裂き固め 6分5秒)
○ テリー(片エビ固め 5分12秒)
4 1976年7月17日 北九州市
三萩野体育館
 ビル・ロビンソン ○ ロビンソン(欧州式足折りエビ固め 29分5秒)
○ 鶴田(回転エビ固め 21分52秒)
(時間切れ引き分け)
(10分延長 時間切れ引き分け)
5 1976年9月9日 大阪府立体育会館 ボボ・ブラジル ○ ブラジル(体固め 11分15秒)
○ 鶴田(リングアウト 5分15秒)
○ 鶴田(片エビ固め 2分57秒)
6 1976年10月22日 愛知県体育館 アブドーラ・ザ・ブッチャー ○ ブッチャー (体固め 5分55秒)
○ 鶴田 (片エビ固め 3分49秒)
○ 鶴田 (反則勝ち 3分45秒)
7 1976年12月3日 川崎市体育館 クリス・ティラー ○ 鶴田(体固め 11分20秒)
○ ティラー(体固め 3分7秒)
○ 鶴田 (リングアウト 3分26秒)
8 1977年6月11日 世田谷区体育館  ハーリー・レイス
 (NWA世界選手権)
○ 鶴田 (片エビ固め 8分26秒)
○ レイス(足固め 8分8秒)
○ レイス(首固め 5分24秒)
9 1977年7月28日 品川スポーツセンター  大木金太郎
 (UN、アジア両ヘビー級選手権)
○ 鶴田(体固め 8分35秒)
○ 大木(体固め 8分8秒)
(両者リングアウト 8分39秒)
10 1979年1月5日 川崎市体育館 フリッツ・フォン・エリック ○ エリック(体固め 5分53秒)
○ 鶴田(反則勝ち 3分27秒)
○ 鶴田(片エビ固め 1分5秒)

当時、タイトルマッチを含めた主力試合は三本勝負が主流でした。

藤波辰己 飛龍十番勝負 新日本プロレス
  1982年〜1983年 2勝4敗1引分け
1 1982年1月1日 後楽園ホール ボブ・バックランド
(WWFヘビー級選手権)
○バックランド(12分36秒・逆さ押さえ込み)
2 1982年3月12日 後楽園ホール ハルクホーガン ○ホーガン(9分57秒・体固め)
3 1982年4月21日 蔵前国技館 アブドラ・ザ・ブッチャー ○ブッチャー(8分30秒・体固め)
4 1982年6月18日 蔵前国技館 エル・カネック (11分34秒・両者リングアウト)
5 1982年7月6日 大阪府立体育会館 ディック・マードック ○藤波(11分1秒・反則勝ち)
6 1982年8月5日 蔵前国技館 ボブ・バックランド
(WWFヘビー級選手権)
○バックランド(25分15秒・回転足折り固め)
7 1983年1月1日 後楽園ホール ジェシー・ベンチュラ ○藤波(9分4秒・反則勝ち)

※藤波は、ヘビー級に転向しての十番勝負となったため、大変苦しい戦いとなった。
さらに、長州の「反逆」もあり、7番を終了したところで、打ち切られてしまった。

二代目タイガーマスク 猛虎七番勝負 全日本プロレス
  1986年〜1989年  3勝4敗
1 1986年10月20日 岡崎市体育館 谷津嘉章 ○ 谷津嘉章(14分6秒片エビ固め)
2 1986年2月3日 夕張市総合体育館  フランク・ランカスター タイガー(8分21秒原爆固め)
3 1986年3月9日 高崎市中央体育館 リック・フレアー ○ リック(13分53秒体固め)
4 1986年4月16日 熊本市体育館 阿修羅原 タイガー(14分37秒反則)
5 1986年6月1日  石川県産業展示館  天龍源一郎 ○ 天龍(11分33秒エビ固め)
6 1986年7月19日  後楽園ホール テッド・デビアス タイガー(9分18秒原爆固め)
7 1988年3月9日 横浜文化体育館 ジャンボ鶴田 ○ 鶴田(14分38秒片エビ固め)

小橋健太 試練の7番勝負 全日本プロレス
1990年 2勝5敗
1 1990年1月2日   谷津嘉章 谷津(13分38秒原爆固め)
2 1990年1月3日   ザグレート・カブキ カブキ(17分18秒回転足折り固め)
3 1990年1月14日   ランディー・ローズ 小橋(7分50秒片エビ固め)
4 1990年1月15日   リップ・ロジャーズ 小橋(9分53秒テキサス・クローバー・ホールド)
5 1990年1月26日   デービーボーイ・スミス スミス(10分14秒エビ固め)
6 1990年1月27日   ジャンボ鶴田 鶴田(12分45秒体固め)
7 1990年1月28日   アブトラーザ・ブッチャー ブッチャー(5分9秒体固め)

KENTA 蹴撃七番勝負 プロレスリングNOAH
  2004年  1勝6敗
1 2004年1月17日 ディファ有明 フベントゥ・ゲレーラ KENTA(19分06秒 片エビ固め)
2 2004年3月13日 ディファ有明 小川良成 小川(12分45秒 バックドロップホールド)
3 2004年5月14日 後楽園ホール 秋山準 秋山(14分06秒 体固め
4 2004年6月27日 後楽園ホール 高山善廣 高山(10分20秒 体固め)
5 2004年10月9日 後楽園ホール 小橋建太 小橋(16分25秒 片エビ固め)
6 2004年8月28日 ディファ有明 三沢光晴 三沢(13分31秒 片エビ固め)
7 2004年11月13日 後楽園ホール 丸藤正道 丸藤(22分23秒 不知火・改)

 

 


  

対戦相手を見ると、時代背景がよくわかります。
 

TOP

 

Home