TOP > 闘魂王道 生き残りの戦い
  高田UWFインター Vs天龍WAR
橋本ZERO-ONE Vs三沢NOAH
橋本ZERO-ONE Vs武藤全日本


高田UWFインターナショナル Vs  天龍WAR


それは、新日本 ドーム大会で
理不尽にも200%男と大王の戦いから始まった

互いに団体の生き残りをかけた最初で最後の戦いとなった。

高田Uインター 天龍WAR
8勝 20戦 12勝

<注意> 試合の漏れにより、勝敗は異なります。
漏れている試合は判明次第修正していきます。

 

1996年1月4日 新日本プロレス

×

安生洋二 6分42秒
ラリアート

冬木弘道

 

1996年2月4日 新日本プロレス IWGPタッグ王座挑戦者決定リーグ公式戦

〇安生洋二
高山善廣
足十字固め

冬木弘道
×外道

×



 

1996年5月26日 WAR

×

中野龍雄 エビ固め

天龍源一郎

WAR世界6人タッグ選手権試合
ゴールデンカップス
〇安生洋二
高山善廣
山本健一
20分40秒
グランドクロス200
冬木軍
冬木弘道
×外道
邪道
×
 

1996年5月27日 UWFインターナショナル

〇安生洋二
高山善廣
17分25秒
グランドクロス200
冬木弘道
×外道
×
× 中野龍雄 6分35秒
ヒザ十字固め
北原光騎

 


1996年6月7日 UWFインターナショナル

×

桜庭和志 8分51秒
逆片エビ固め
北原光騎

高田延彦 6分26秒
腕ひしぎ逆十字
×
WAR世界6人タッグ選手権試合
× ゴールデンカップス
安生洋二
高山善廣
×山本健一
20分53秒
足十字固め
冬木軍
〇冬木弘道
外道
邪道
 

1996年6月23日 UWFインターナショナル

×

高山善廣
200%マシーン
  天龍源一郎

× 山本健一   北原光騎

1996年7月20日 WAR 「All Star Dream Tournament」

〇高田延彦
垣原賢人
佐野友飛
16分40秒
腕ひしぎ逆十字固め
天龍源一郎
×荒谷信孝

藤波辰爾

×

〇高田延彦
垣原賢人
佐野友飛
12分35秒
腕ひしぎ逆十字固め
冬木弘道
邪道
×外道
×

1996年7月21日 WAR

× 垣原賢人 8分25秒
アキレス健固め
北原光騎
〇佐野友飛
桜庭和志
11分24秒
腕ひしぎ逆十字
大刀光修
×平井伸和
×
× 高山善廣 10分12秒
片エビ固め
邪道
× 安生洋二 11分44秒
パワーボム
天龍源一郎
 

1996/9/11 UWFインターナショナル 「SUDDEN DEATH」

高田延彦

19分30秒
腕折固め

天龍源一郎

×

 

1996/10/11 WAR WAR世界6人タッグ選手権試合

×

チャンピオンチーム
高田延彦
佐野友飛
×垣原賢人
11分32秒
クロスオーバーヒールホールド
冬木弘道
〇安生洋二
クラッシャーバンバンビガロ

 

1996/12/13 UWFインターナショナル

×

高田延彦

19分30秒
腕折固め

天龍源一郎



 


橋本ZERO-1   Vs   三沢NOAH

全日本を離脱した三沢
新日本をから解雇された橋本

二人の戦士は時を同じくして運命の戦いへと導かれた!




 
橋本ZERO-ONE 三沢NOAH
22勝 40戦 18勝

<注意> 試合の漏れにより、勝敗は異なります。
漏れている試合は判明次第修正していきます。


 
2000/12/23 NOAH [GREAT VOYAGE
橋本真也 6分32秒
片エビ固め 
大森隆男 ×



2001/1/13 NOAH
× 橋本真也
×アレクサンダー大塚(バトラーズ)
16分18秒
エビ固め
○三沢光晴
 小川良成

橋本「三沢、次はシングルだな」
三沢「橋本!次があるのか、お前この野郎!」




 
2001/3/2 ZERO-ONE 旗揚げ戦 [真世紀創造] 闘魂vs王道 決戦の時来たり
× ×橋本真也
永田裕志(新日本)
19分10秒
片エビ固め
〇三沢光晴
秋山準
× アレクサンダー大塚(バトラーズ)
×高岩竜一
7分33秒
エビ固め
高山善廣
〇大森隆男
× 星川尚浩 16分00秒
エビ固め
丸藤正道

試合後、両軍に加え 小川・藤田まで乱入し大乱闘となった。



橋本「三沢ナメンなこの野郎!」
藤田「誰が一番強いか決めるしかない」


三沢「おまえらの思い通りにはいかない」
橋本「思い通りにしてやるから覚えとけっ」

ゲスト解説 武藤敬司
 

試合後のコメント

三沢 「あれで(3カウントを)とれるとは思わなかった。
橋本は今の方が気迫がある。
(今後の出場は)今は考えてない。
『やるから出ろ。はい』じゃない。
そういうやり方にはついていけない」


秋山 「オレは永田選手とやれて良かった。
久々に楽しかった。
新日本に勝ったという気分はない。
(今後の出場は)オレは別に構わないし、面白いと思う」


橋本 「今日は、秋山に対する怒りが80パーセントだった。
小川にはいい餞別をもらったよ。
三沢社長、あの観客の熱い思いをみただろ。
三沢、秋山、小川、藤田、永田、全員シングルでやってやるよ」。

永田 「今日は、今までできなかったノアと対戦できて、最高だった。
レスラーとして、今日の興奮はだれでも味わいたいはず」
 

2001/4/18 ZERO-ONE [真世紀創造II]
高岩竜一 ラリアット 丸藤直道 ×
アレクサンダー大塚(バトラーズ) アームロック 杉浦貴 ×
橋本真也
○安田忠雄(新日本)
9分00秒 
レフェリーストップ
本田・多門
×井上雅夫
×
× 小川直也(UFO)
×村上一成(UFO)
6分40秒
体固め
○三沢光春
力皇猛

2001/10/19  NOAH GHCJrヘビー級選手権
〇大谷晋二郎
池田大輔(バトラーズ)
コブラH 大森隆男
×浅子覚
×
高岩竜一 17分35秒
雪崩式
みちのくドライバー2
金丸義信 ×
 
2001/11/25  NOAH  GHCJrヘビー級選手権
高岩竜一 20分47秒
雪崩式
デスバレーボム
菊池毅 ×
 
2001/11/27  NOAH
× 高岩竜一
×星川尚浩
12分33秒
体固め
高山善廣
〇大森隆男
 
2001/9/15  NOAH
〇橋本真也
藤原喜明
体固め ×杉浦貴
池田大輔
×




2001/12/9  NOAH GHCJrヘビー級選手権
× 高岩竜一 22分10秒
片エビ固め
丸藤直道
 
2002/03/02  ZERO-ONE 「真世紀創造
高岩竜一 18分52秒
片エビ固め
KENTA ×
× 星川尚浩 不知火 丸藤直道
 
2003/01/10  NOAH GHCタッグ選手権試合
大谷晋二郎
×田中将斗
22分3秒
片エビ固め
秋山準
○斎藤彰俊
×
 
2003/1/13  NOAH
〇大谷晋二郎
田中将斗
スパイラルボム 小橋建太
×KENTA
×
 
2005/1/8  NOAH 「GHCJrヘビー級選手権
高岩竜一 18分22秒
片エビ固め
金丸義信 ×



2005/3/5  NOAH
大谷晋二郎
○高岩竜一
18分2秒
片エビ固め
三沢光晴
×鈴木鼓太郎
×
 
2003/10/13  NOAH
× 村上和成 11分10秒
片エビ固め
三沢光晴



2006/12/2  NOAH
大谷晋二郎
〇高岩竜一
村上一成
ラリアット 秋山準
金丸義信
×橋誠
×

2012/4/15  NOAH グローバルタッグリーグ戦2012 公式戦
× 大谷晋二郎
×橋本大地
20分23秒
リストクラッチ式
エクスプロイダー
〇秋山準
斎藤彰俊
× 大谷晋二郎
×橋本大地
20分04秒
新生マッスル
ドッキング
丸藤直道
〇モハメドヨネ
〇大谷晋二郎
橋本大地
13分01秒
反則
×マイバッハ谷口
高山善廣
×
× 大谷晋二郎
×橋本大地
20分34秒
バックドロップ
中嶋勝彦
〇森嶋猛
 
2012/10/8   NOAH 全面対抗戦
× ×グレイグ・クラシック
日高郁人
6分34秒
腕ひしぎ逆十字固め
〇青木篤志
鈴木鼓太郎
× 崔領二 15分32秒
ゴーフラッシャー
潮崎豪
田中将斗 10分51秒
スライディングD
モハメド ヨネ ×
× 橋本大地 6分45秒
腕極め
フロントネックロック
杉浦貴
佐藤耕平 11分07秒
ジャーマン
スープレックス
ホールド
丸藤正道 ×


2012/10/27  NOAH GHCヘビー級選手権
× 佐藤耕平   森嶋猛

2015/10/16〜  NOAH グローバルリーグ戦 公式戦
× 田中将斗 16分17秒
オリンピック
予選スラム
杉浦貴
田中将斗 11分59秒
スライディングD
丸藤正道 ×



2018/10/30〜  NOAH グローバルリーグ戦 公式戦
佐藤耕平 10分48秒
ジャーマン
スープレックス
ホールド
拳王 ×
佐藤耕平 10分38秒
ジャーマン
スープレックス
ホールド
中嶋勝彦 ×
佐藤耕平 15分23秒
パイルドライバー
マサ北宮 ×
× 佐藤耕平 7分50秒
スイクルデス
齋藤彰俊
× 佐藤耕平 10分18秒
リングアウト勝ち
丸藤正道
  佐藤耕平 7分47秒
片エビ固め
◯中嶋勝彦  
×拳王  



 


橋本ZERO-1   Vs   武藤新生全日本

袂を分かった武藤と橋本が
団体の存続をかけて激突!

川田の参戦でようやく見えた闘魂Vs王道の図式!
 

 
橋本ZERO-ONE 武藤全日本
8勝 16戦 8勝

<注意> 試合の漏れにより、勝敗は異なります。
漏れている試合は判明次第修正していきます。

 
2002年11月23日
〇大谷晋二郎
田中将人
12分10秒
スパイラルボム
永井満也
×保坂秀樹
×



2002年12月6日 全日本
世界ジュニアヘビー級選手権 世界最強タッグリーグ戦
× 高岩竜一 10分56秒高角度前方片エビ固め ケンドーカシン
× 大谷晋二郎
×田中将人
14分36秒ラリアット 〇小島聡
太陽ケア



2003年1月13日 全日本
〇橋本信也
小笠原和彦
15分32秒
体固め
小島聡
×ケンドーカシン

2003年2月2日 ZERO-ONE ディファ有明大会

とうとう全日本武藤敬司がゼロワンマットに足を踏み入れた!
武藤「全面戦争。やるのかやらねぇのか…ハッキリしろオラ」

武藤「おれの家族みんな来てるよォ」
武藤の合図で全日本全選手総勢47人が殴り込みを敢行
(川田は膝の負傷で欠場)

「全日本プロレスはな、一つだ!メジャー団体としてェ!ゼロワンを潰すゥ」

「橋本、言いたいことあったら言ってみろ。」


橋本「オイみんな、オレは言葉じゃない態度で表してくぞコラァーッ!!」

橋本を先頭に一斉に全日本勢に飛びかかり、リングは乱闘状態へ突入!
 

2003年2月9日 全日本プロレス
〇佐藤耕平
横井宏考
10分19秒
レフェリーストップ
奥村茂雄
×保坂秀樹
×



2003年2月23日
× 大谷晋二郎
田中将人
小笠原和彦
×崔リョウジ
20分6秒
ラリアット
〇小島聡

荒谷信孝
ケンドーカシン



2003年2月23日 全日本プロレス 三冠ヘビー選手権
橋本真也 20分9秒
垂直落下式
ブレンバスター
グレートムタ ×



2003年3月2日
〇橋本真也
大谷晋二郎
三角締め 武藤敬司
×嵐
×

2003年3月22日
× 佐藤耕平 4分45秒
体固め



2003年4月12日 全日本プロレス 三冠ヘビー選手権
橋本真也 12分7秒
三角締め
×



2003年5月2日
橋本真也
〇小川直也(UFO)
18分43秒
レフェリーストップ
武藤敬司
×小島聡
×





2003年07月06日  ZERO-ONE 「EXTERMINATION-D」
○橋本真也
小川直也 (UFO)
19分45秒
TKO
×川田利明
武藤敬司
×

2003年12月5日 全日本プロレス 2003世界最強タッグ決定リーグ戦
× 橋本真也
×坂田亘
20分31秒
胴絞めスリーパー
○川田利明
ケンドー・カシン

2003年4月22日 全日本プロレス 三冠ヘビー級選手権
× 橋本真也 TKO 川田利明

2003年7月19日 全日本プロレス
× 小川直也 (UFO)
×藤井克久(UFO)
14分58秒
リングアウト
川田利明
 ○小島聡

2003年12月14日  ZERO−ONE Infinity
△小川直也 (UFO) 15分30秒
 両者リングアウト
△川田利明  
延長
3分06秒
両者KO

川田「小川、お客さんが待っているからヤルゾ」と延長戦となった。

  
掲載しています試合には、漏れ等ございます。
気が付いた時点で追加・修正等しております。
予めご了承ください。
 

TOP

 

Home